Revelate Designs(レべレイトデザイン) Sweetroll (スウィートロール)

自転車バッグ.アクセサリー類
スポンサーリンク

Revelate Designs(レべレイトデザイン) Sweetroll (スウィートロール)
素材:200デニール TPUコーティングナイロン
原産国:アメリカ
重量:375g
サイズ:横:85cm×縦26cm(平置) 横:65cm×直径18cm(装着時)
最大容量:13L

バイクパッキング界隈でも最古参ブランドであるレべレイトデザインのハンドルバーバッグ。
完全MADE IN USAのアラスカ製。
自分も好きなブランドなので贔屓にしているのだけど、流通量が少なく常に品薄で入荷してもすぐになくなるのがネック。
いいハンドルバーバッグなのだけど、フラットバー向けでドロップハンドルではうまく使いこなせなかったのでその点を書いておきたい。

固定個所は3点
ハンドルバーの2か所とヘッドチューブ。
結構しっかり引き寄せて留めれるのでライド中のブレも抑えれるようになっている。
裏面には全面に補強のアテガされているので丈夫そう。

このバッグの特徴的なのが、平面置きした状態で85×26cmとめちゃでかい。
最大容量も13L。
モノを詰めたときの直径は18cmなのでそれがハンドルバーからフロントタイヤへの必要クリアランスになってくると思う。
構造としてはただの筒状の袋で両サイドがロールアップクロージャーになっているので内容物によって、巻き上げてサイズの調整をしろというなんとも単純なもの。
ジッパーも一切なし。
圧縮率が高くガンガン押し込めばそこそこモノが入るので、使ってた感じ、特に衣類、シュラフなんかを圧縮するのに向いているんじゃないかと思う。

半面、圧縮してモノを入れれる分、内容物は取り出しにくくなってしまうので、頻繁に取り出すモノを収納するには向かいないと思うので使用頻度の少ない、テント、シュラフ、衣類を収納するのに一番向いていると思う。
それからこれをドロハンで使う場合だけど、この製品は横に伸ばして容量を得られるようになっているので、ドロハンだとその横幅が頭打ちになってしまうという残念な点がある。
例えば幅30㎝だと仮定すると容量は7,6L程度。これ以上は下ハンが邪魔で横に伸ばせない。
そもそもメーカーも、フラットバーで使うことを想定しているハンドルバーバッグなのでここはしょうがないのかもしれない。

内面縫い目には丁寧にちゃんと防水シールが施してある。
メインの横一文字の縫い目もハンドルにつけたとき縫い目が下に来るようになっているので防水性能も問題なさそう。

フロントには本体と別にハーネスがつくようになっている。
これが便利で、後からいろいろ突っ込むことができる。
長物も固定できるようなのでテントポールや銀マット等あらかたなんでもイケそう。

モノがいいだけにうまく活かせないのが残念なのだけど、自分はドロップハンドルしか使わないので結局1週間程度のツーリングに一度使ったのみで、使わなくなってしまった。
フラットバーのバイクでツーリングする人には、防水だし、オルトリーブのバッグ以上に容量が得られるし、ハンドリングも損なわない上、ハーネスによる拡張性も高いのでおススメできるものだと思います。