mont-bell コンパクト ヘッドランプ

アウトドアギア
スポンサーリンク

mont-bell コンパクト ヘッドランプ
重量:46g(69g) ※( )内は電池を含む重量です。
防水等級:IPX6
付属品:電池:単3形アルカリ乾電池1本
電球色:5ルーメン、5m、80時間
LOW:15ルーメン、22m、73時間
HIGH45ルーメン、36m、27時間

モンベルの小さいヘッドライト。乾電池一本で駆動でき、ランタイムも長く¥2000程度と安くて非常に良い製品。
見た目がオッドアイで愛嬌あってカラーバリュエーションも豊富。
品薄なのか、アマゾン、楽天に全然なかったけどモンベルのストアかオンラインショップで買えると思います。

これを購入することになったのは2013年8月の頭、青森ねぶた祭りでのサマーキャンプサイトでのこと。
まつり期間中1週間チャリダーたちでキャンプ村を形成しドンチャン。

 

 

そんな中で当然使ってる道具の話にもなるわけで、「これ、めっちゃいいよ」と勧められたのがこのヘッドランプ。
こぞって青森のモンベルストアに買いに走ったチャリダーの中の一人が私。
なのでその時のメンツで集まるとみんな色違いで同じライトを未だにもってたりする。

ライトを購入するとなると光量等スペックに目が行きがちでとにかく明るい爆光ライトを選びがちだけど、それは目的を見失った本末転倒な話で、使うシーンを冷静に考えてみれば、ヘッドランプに要求されることなんて、手元、あるいは足元数m先をしっかり照らせて、あとは頭につけてても重く感じず、ランタイムが長いこと。
自転車で使うにしてもせいぜい20m程度先まで照らせれば充分。実際自分はこのライトのナイトランで全然不自由しなかった。
100m先まで照らせる!とか確かにすごいとは思うけど、現実的にその性能が必要なシーンは限られてくると思う。

 

本体は単三電池一本で駆動。
ちゃんとOリングがついていて、IPX6相当の防水ということで、実際雨天でも問題なし。
ランタイムが長いのでほんとに滅多と電池交換することもない。
これで69gということでだいたいだけど卵1個分程度。
頭につけてても全く違和感ない重さ。

点灯のモードは3つでこれが電球色、5ルーメン、5m程度。
これが一番使用頻度が高くてキャンプ中手元を照らしたりするのに重宝する。
手元を照らすときって案外、白色系よりこういう落ち着いた光の方が見やすい。

LOW、15ルーメン、22m程度。
夜道を歩くときや自転車に乗るときに使いやすいモード。

HIGH、45ルーメン、36m程度。
これは正直、LOWとそこまで変わらない気がするというか、配光が変わったりするわけでもないので遠くを照らさない限り、あまり必要性を感じないので一番使用頻度が低かった。
ただ、ほんとに真っ暗な街頭のないところでのナイトランなんかだと重宝すると思う。

コメント

  1. […] ・NANGA スウェルバッグ280 ・LOGOS ロゴス エアーまくら ・mont-bell コンパクト ヘッドランプ ・アルコールストーブ ALOCS シングルバーナー ・Vargo バーゴ […]