スポンサーリンク

テールライト CAT EYE TL-LD155-R

自転車バッグ.アクセサリー類
スポンサーリンク

テールライト CAT EYE TL-LD155-R
サイズ:36.0×75.0x21.9mm
重量:41.8g
使用電池:単4形乾電池2本(アルカリ乾電池推奨)
使用時間:点灯/約60時間、点滅/約90時間、ラピッド/約120時間
取付バンド径:直径約12.0~32.0mm

キャットアイから販売されている一番グレードの低いであろうテールライト。
メーカー問わず種類が山ほどあるテールライトだけど、この製品は必要最小限の機能でありながら必要充分で価格も安いという一品。

点灯、点滅、ランダムに光るラピッド、と3種類の点灯パターンがありそこそこ明るく広範囲から視認性の高い設計。しかも電池のランタイムもかなりの高寿命。
耐久性に関しても、実際自分がこれを買ってからもう10年近く使い続けているので間違いないと思う。
しかも実売¥1000程度という好コスパ。
実際自分もそこまで吟味して買ったわけでもなく「安いからなんとなく買った」くらいのノリだったと思うのでこんなに壊れないもんだとも思ってなかった。

もう結論として迷ったら安いのでいいからキャットアイ選んでおけば間違いないと思う。
取り付けはキャットアイではおなじみのフレックスタイトというプラのしめこんでいくタイプで、ほとんどのキャットアイライトと互換性のあるブラケット。

 

このフレックスタイトが優秀で。シートステー、シートポスト、リアキャリアとあらかたどこにでも付けられるので使い勝手もよい。
最小取り付け径がΦ12mmだけどアテゴム等でΦ10mmのキャリアのパイプでも全然ズレることなく取り付けできた。

個人的には高いテールライト買っても、そこまでメチャクチャ明るくなるとかそんなこともなく、それほど費用対効果が比例するような感じでもない気がするので、”後続に存在を知らせる”という本質的な性能を満たすのはこれでも十分じゃないかと。

初心者がとりあえず最初に買う一個としても必要十分だし、ガンガンナイトライドやるようになって後々高いヤツを買い足したとしてもサブのテールライトとしての仕事を果たすのに十分な性能なので間違いない。