2018/07/09 ムルガブ~ロードサイド パミールの壁 Ak-baytal

タジキスタン
スポンサーリンク

最初からはこちら


前の記事はこちら

2018/07/09 ムルガブ~ロードサイド パミールの壁 Ak-baytal

IMG_4708
IMG_4707
ムルガブ、パミールホテル
朝は晴天で宇宙をそこに感じるような青空
昨日は気がつかなかったけど建物の前の花壇でキャンプしてる人もいて、そういう泊まりかたもありなのか……
ここから80km程先にパミールハイウェイの最高高所Ak-baytal 4655mが待ち構えている
距離的に丁度、登り終えて1日が終わりそうだけどそんな高地の過酷な環境でキャンプしたくない
なので、今日は峠の手前まで寄せてキャンプして、明日の朝一で超えたいという算段だ
奥から自転車を引っ張り出してきて自転車と荷の整備
玄関にキアヌリーブス似のめっちゃダルそうな男がめっちゃだるそうにベンチに腰かけていたけどこちらを見て気づくなり急に飛び起きて
「ワ、ワ、ワッツ!!おまえドゥシャンベでみたぞ」
「その赤い、スモールのバイク、いったいどうなってるんだ」
そんなことを言われてもこちらとしては普通に走ってきてるだけなので逆にライダーたちはそんな長い期間何をやってるんだって感じなんだけど。
「今日はここから60kmくらいのロードサイドでキャンプして、明日ピークを超えるよ」
荷の準備をしながら片手間にしばしルートの話。そんな話で最後に、
「じゃあ、オシまで気を付けて、ハバナイストラベル」といい男は建屋に入っていった
「なあ、話を聞いていたけど、おまえそのバイクで今日60km先まで行くって?その小さい自転車で???」
今度はなんだよと思えばずっと背を向けていた方、反対側隣でバイクの準備をしていたライダー
急に口を突っ込んできた
(おまえに行けんのぉお??そのバイクでぇえ??パミール にぃいい??)みたいなノリのやつかよと
そういうオーラでライダーに話しかけられることは今までもあった
「荷物を積んで、そのスモールの自転車で、俺から言わせて貰えば………
おまえは…………クレイジーだ!!」
(と言って握手を求めてくる)
そういう後からアゲてくるパターンのやつかよ
なんか映画のワンシーンにありそうなシチュエーションでわらえた

IMG_4712

ムルガブの町を出て振り返ったところ
道もわりとフリーダム感があるけど普通にアスファルトのメインロードを走る

IMG_4719IMG_4733

この日も天気は良くて最高
気温は20℃くらい。常に向かい風の北風が吹き続けているが午前中はまだ弱い
午後から風が強くなり雲も多くなるのでその辺は山の天気っぽい

IMG_4737

それからどういうわけかこの区間、いまだ、かつてないくらいのサイクリストがいる
あえるアイドル並みにあえるサイクリス
この日は同じ進行方向で15人くらい、向こうから来てるので10人くらい会ってる
更に、並走してて追いつかなかったり、後ろから追いついてこれなかったりしてる人もいることを考慮すると……
もうこの荒野にどんだけいるんだよ…
たまに向こうから来た人とこっちからの人とで井戸端会議が開催されどこに補給ポイントがあるどこで水が汲めるとかそんな情報交換がされる

IMG_4740IMG_4745

景色はすこぶる良い
しばらく走っているとまた前に豆粒ほどのサイクリストの背中が見えてきた

IMG_4753
IMG_4754

追いついたのはスロベニア人のサイクリストで今日の走行のキーパーソンとなる男
実はドゥシャンベでもホログでも宿で会っているのでわりと挨拶はしてたんだけど、タイミング逃して名前は聞いてない
今朝もキッチンであったばっかりで2時間ほど前に「see you later.」と言葉を交わしたところだった。追いつくと反応は
「もう追いついて来たの?そのバイクで??…すごいな…!」とホログでも聞いたような反応今までの至る所での反応から察するにパミールをミニベロで走る人はクレイジーらしい
それからパミールを走る人は年配がおおい。いままで色々なところを走ってきて経験豊富な筋金入りサイクリストが最終的に目指してくるところがここパミールなんだと思う
自分の知る限り20代で走っているのは彼と自分だけだったと思うので若いサイクリストはめずらしい

IMG_4760

キャンプしようとしていたポイントはこの辺なんだけどペースが良くてまだ午前の10時くらい。加えて後ろには抜いてきたサイクリストがまだまだいるのでなんだか早仕舞いにするのも気が引けたのでイケるとこまで行くことにしようと思う

IMG_4774

サイクリスト達と追い抜いたり追い抜かれたりしながら進む
とうとうメインの峠まできてしまった
峠のピーク数キロ手前に峠の看板がありそこにここまで何度も攻防したトーマスとスロベニアンの彼が休憩していた

IMG_4777

ここの看板で写真を撮ってもらった
ここの標高は4300ほど
別にそれほどつらくもない

IMG_4778

ジャーマンのサイクリストも追いついてきた
後ろを振り返れば緩い下り坂の向こう遠くに何人も豆粒みたいなサイクリストが見える
ここで、トーマスが「おい、ここから上まで競争しようぜ!」とか言いながら地面に足でラインを引き出した
まるで小学生がするような仕草に全員爆笑
後ろの人たちはまだまだここに来るのにかかりそうなのでこの4人で峠アタック開始

IMG_4781IMG_4789

アタックはしたものの開始早々全員自転車を降りて押し
いままでの峠と全然違って明らかに酸素が足りないことを感じる
おしているのにめまい立ち眩みが頻発
目の前がテレビの砂嵐みたいになるのでそうなる前にハンドルにもたげてうなだれ呼吸が整うのを待つ
前にも後ろにも同じ仕草をしていたから皆同じなんだと思う

IMG_4790

ここが峠の頂上、いままでの比じゃないくらいに酸素が薄いことを実感する
結局順位はスロベニアン、トーマス、自分、ジャーマンの順。ここまで来たら順位なんてどうでもよくなってて、誰も何も喋らなかったけど

冒頭のフランス人2人はテンション高めでコングラッチュレイショーンズと駆け寄って来たから何かと思えば車で頂上まで来てここで自転車を組み立てムルガブ方面に行くらしい
ここまで来て自転車じゃなく車を使うことを判断したことはむしろすごいなと思う

IMG_4803
IMG_4806

とことん登るところまできたのでここからは下り
達成感なんてのは考えることのできる余裕があって初めて生まれるものであって、上ではただ酸素が足りないとしか思わなかった
降って来るとやっと少し余裕が出てきたのか不思議な感情
このキツいと言われるパミールを走ることを選んだのには理由がある
ただ景色がいいところに来たいんだったらそれこそバックパッカーとして車でいい
ここに自転車で走る、パミールの走破を目標として掲げてきたのは景色以上にここを走る彼らに憧れがあったからだ
この荒野での飯のとりかた、寝床の確保、次々起こるトラブルへの対処、ツーリングには様々な要素の総合力とマネジメント能力が要求される
それこそ自転車を漕ぐ力、脚力なんてのはその中のほんの一部でしかない
彼らはつよい。その姿は憧れであり追いかけて来たものだった
ずっと、オレも仲間に入れてくれ…!
その一員に加えてくれないか……!
とそう思っていた


IMG_4815

前を走る彼らの背中を見てやっぱりかっこいいなと思った。彼らは一人でここまで来てこれからも一人でこの旅路を先へ走っていく
彼らはつよいでも彼らだって私のことを、ここを走ったサイクリストとして認めてくれている
それが実感できた瞬間で、ここまで走ってきたことが報われた瞬間だったんだと思う
思えば人生なんて努力しても結果に結びつかないことの方が多い、まして[なりたい自分になる]ということに関しては気づいたらそうなっていたとか、そんなんで実感としてそれが得られるのもめずらしいことだと思う
弱い自分に打ち勝つ、まさにそういう意味だったのかもしれない
この峠を一人ではなく彼らと一緒に走れてよかったと思った

IMG_4820
IMG_4825
IMG_4831

このへんの路面は綺麗なコルゲーション
これは車が高速で走ることで出来上がる洗濯板状の路面
小径は走破性が低くいちいちコブに引っかかるので最も苦手とする道
案の定他のサイクリスト達に大幅に遅れをとった
数日前に雨に濡れたままテントを畳んでいるので今日こそはテントを広げたいと思っている
地図によるともう少し進めばキャンプスポットがロードサイドにあるはず

IMG_4833

地図のキャンプスポットについてみると驚いたことに民家
しかもホームステイの宿があった

IMG_4834

宿は伝統的なヨルト。ここに泊まることにした
スロベニアの彼とトーマス、ベルギーのカップルが先にステイしていたので計5人のサイクリスト
ジャーマンサイクリストはまだ先に進んだらしい
驚いたのは、スロベニアンの彼はロシア語が話せる
英語が通じない宿との交渉は彼の語力のおかげでトントン進む
一泊90ソモニ朝夕食付き
さんざん食べ飽きたナンを食いたくないのはみんな同じようで、朝食はナン無しにしておかゆ状のコメの料理をオーダーしてくれた

IMG_4837
IMG_4836
IMG_4838

ヨルトの中はストーブのおかげで暖かい
ここで話をして知るけどトーマスはイスタンブールから走って来てるらしいがめちゃくちゃ荷物が少ない
自転車だって吊るしで売ってるクロスバイクそのものでフロントホイールもラジアル組
いままでもパミールのみに焦点を絞って軽量化しハンモックしか持ってないサイクリストとかいたけど、長期でこれだけ荷が少ないのも珍しい。自転車乗りも旅の仕方もほんとに様々だなと思う
締めくくりまで素晴らしい、充実しきった日だった

次の記事はこちら