2018/07/06 ロードサイド~アリチュール 標高4000での天気

タジキスタン
スポンサーリンク

最初からはこちら


前の記事はこちら

ログはバッテリーが落ちたため途切れて分割掲載

2018/07/06
ロードサイド~アリチュール 標高4000での天気

IMG_4499
IMG_4501

相変わらず夜通しバラバラという雨音が続いていた
外を見るとごく僅かに晴れそうな兆しがあるのでとりあえずコーヒー入れて過ごす
気温は昨晩から同じくの0℃くらい

IMG_4502
IMG_4507

陽が高くなってきたのか雲が少し薄くなりだしたのでそのタイミングでテントを撤収して出発

IMG_4512
IMG_4513

酸素薄いのでつらい
昨日まではそこまででもなかったと思うけど川沿いを離れたからか今日は草木が一切生えず荒涼とした大地が続く

IMG_4523

ここでピークの4272m
今日は朝からダートだけどどういうわけかこのてっぺんの数十メートルだけ舗装路
一旦4000くらいまで下がったあとの20数キロ先に再度ピークがある

IMG_4518
IMG_4526
IMG_4531

ここで再度登り直して4168m
雲が近すぎて、もうなんか、天井近い近い近いィ!!みたいな気分
ここからは今日の目的地のアリチュールまでは下り基調
ここで雨が降り出してきた
気温も10℃以下で風が強く思ってたよりだいぶ過酷な環境

IMG_4534
IMG_4536IMG_4543

シャシクル湖が左手に見える
少し下ったところで今度は5mmくらいのヒョウがバラバラバラと音を立てて降り出した
逃げる場所もなくその氷のツブテを全身で浴びるしかなく腕とか顔面とかめちゃくちゃイタい
一番いい時期を選んできてるのにまさかそんな凶悪なものが降るなんて思ってもいなかった
自然は美しい、とかそんなお花畑みたいな感情は一切なくただひたすらに脅威でしかない
しかもこのタイミングでまたパンク
今度は後輪でまたも金属片が刺さっていた
もうこっちはサマルカンドで買った新品タイヤに交換する
とにかく雲から逃げるために走らなければならない

IMG_4544 (2)

遠くの方に白い四角いレゴブロックみたいな家が並んでいる
下り坂の下にアリチュールの集落が見え出した
この集落が見える丘のピークまでくるとやっと霧雨にかわりだした
とにかく指先が凍えていたいので建物に入りたい

IMG_4550

アリチュールに着くと集落の中にあった宿に宿投
今日はなんとか助かった、ほんとにそんな気分だった

IMG_4556

このアリチュールは標高3900とごくわずかにだけ標高が低い
しかし周囲はぐるっと4000~5000mの山々に囲まれている
低いところを流れる雲はその山々にぶつかり数百メートル先のいたるところで雨や雪を降らせているのがみてとれる
今まで見たことのないすごい光景が目の前に広がっていることが信じられない
宿のおっさんに今日の天気はどうだったかと尋ねると朝少し振っただけでずっと晴れだったと言っていた
つまりはそういう環境で高度が数百メートル違うだけでここではそれだけ差がでるのだろう
そして今日はその雲の中からここまで降りてきたということになる
標高4000での天気というのは常識を逸していてまるで理解できない

IMG_4552
IMG_4557
IMG_4558

集落の真ん中には手押しの井戸があるのでここで飲料は確保できた
ボトルをいっぱいにしておく
すごいところに来てしまったと思う

IMG_4560

宿の晩飯
家の中はストーブがついていて暖かい
ここはもちろん電気も水道もない
これ、毎日こんな天気ならほんとにやっとれんなぁと先に不安が残る1日だった

次の記事はこちら