スポンサーリンク

2018/6/27 ロードサイド~カレイカム 北ルート最後の壁

タジキスタン
スポンサーリンク

最初からはこちら


前の記事はこちら

2018/6/27 ロードサイド~カレイカム 北ルート最後の壁

標高が高いせいか朝は少しだけ気温が低め
進めていくとすぐに村に差し掛かる

37077985_436061860205461_7666714544042934272_n
36801884_409399169570051_3392575434246848512_n
36660441_2163612890540770_2244046122110681088_n
36915016_1086024144878061_4342233831999275008_n
37014823_2109849892603771_4160846625670955008_n

黄色や紫、青と色とりどりの花が咲き乱れすごく美しい里の景色が広がっている
ユートピアと呼ぶにふさわしい風景

36732459_2068661903351276_8865319171940941824_n
37302764_652727308415205_732723821584318464_n

村から更に登って地雷峠のてっぺん
てっぺんを示すような看板は何もないのがタジキスタンらしい
この辺はかつての内戦時の爆心地
道脇にも何ヶ所か立ち入り禁止看板があり未だに地雷が残っているエリア

36824383_249609592503541_6110556444258467840_n
36766443_456528684811582_1303636343724703744_n

峠からは急激なダウンヒルで高度を下げる
道が悪いので身体中痛くなるし、こんなに楽しくない下りははじめて
途中から川沿いに沿って下りだす
この川がとてつもない激流でまるで滝のように流れ川沿いでは風圧を感じるほど
高いところから躍動するその流れを見ているとまるで龍の様だなとさえ思う
下っていくとそのまま激流沿いに街が形成されていてそこがカレイカム

久しぶりの少しまともな街
南ルートと北ルートのが合流する街でここからは一本の道になる
街の中心なのかその三叉路につくとおばちゃんとおっさんがしきりにこっちよこっちよと手招きしてくる
宿の客引きかとおもいついていくとその宿には自転車がずらり
自転車だったから案内したみたいで、おっさんの方はその辺にいたただの親切なひとだったぽい

Hotel Roma
Wi-Fi有、1泊2食付き、140ソモニ
中庭が川に面していて雰囲気がいい
宿に入ると同室になったのはフランス人サイクリストのフィリップ
40後半くらいだろうか、自分よりは二周りちかいくらい年上の、鼻の高いおじさん

ドゥシャンベでも会ったね、から始まりボソボソと話をする
フランスから地中海をまわりイランのタブリーズまで走り、そこからドゥシャンベに飛んでこの先はビシュケクまで行くらしい
仕事があるから8月中に帰らないと、と言っていた

写っているのはほぼサイクリストでだいたいドゥシャンベですでに会っており、全員ヨーロピアン
正直、自分程度の語力ではヨーロピアンの会話なんてのに到底ついていけない
せいぜい自己紹介をすれば終わりで、深い話になるともう無理だ
ディナーの席でフィリップは簡単な質問を自分に投げかけ話の中に入れるようしてくれた
ここでは、フィリップの気配りのおかげでとても助かった
あまり多くは話せなかったが、世界にはいろんな人がいて自分の常識なんて狭い見識の中に囚われていたという事実を思い知らされる
それだけの事を知れただけでも、タジキスタンに来てよかったと思えた

翌日からは全員ホログに向けて走り出すことになる

次の記事はこちら