ISUKA ピークライトマットレス

アウトドアギア
スポンサーリンク

ISUKA ピークライトマットレス
原産国:中国
サイズ:50(幅)×165(全長)×2.5(厚み)cm
収納サイズ:12.5(底直径)×26(高さ)cm
本体重量:540g
付属品:リペアキット 専用収納袋

2013年に購入して以来2018年まで5年ほど使用してきた。
13年当時、安い中国製のエアマットを使っていたのだけど、使いだして20日くらいでパンク。ちゃんとしたやつを買うかということでイスカのマットを購入。
(特に昨今は安い中華製のマットが種類豊富なので、そちらを選ぶ際は耐久性を考慮して吟味する必要があるかもしれない。)
シュラフ等寝具で国産ブランド有名どころがイスカ、ナンガ、モンベルあたり。
マットでいうとイスカかモンベルになるだろうけど、当時、マットといえばイスカみたいな雰囲気があったように思う。
実際、同じくらいの期間旅をしてる旅人たちでモンベルのマットを使っている人は内部剥離起きて風船状になってる人を割と見たので、耐久性はこちらの方が高いんじゃないかと思う。
あとモンベルよりも安い。当時はエアマットに一万近く出費するのは躊躇したものだけど、年とって今ごろになって、コスパに優れた製品だったなと思う。

サイズも180、165、120と展開していて、自分はまくらを使うのでその分差し引いて165cmを購入。

収納サイズは12.5×26cm
比較は1.5Lと500㎖。おおむね1.5Lの少し太めくらいと思ってもらえればいいんでないかと思う。

裏面には米粒みたいなすべり止めがついててズレ防止に一役買ってくれる。
これはモンベルにもサーマレストのエアマットにもついていないので地味にありがたいポイント。

100数十日くらい使ったところでエア漏れが起きていたので水につけて穴の箇所を見つけ付属のリペアキットで補修した。
このリペアキットがついているのもありがたい点。
マット自体、そこそこ値段するものなのでピンホール開いたらオシャカというのは残念すぎる。
裏用、表用のアテの布と接着剤が付属しているのでそれで圧着させるだけ。
はがれにくいよう、一応、まるく切り取ってパッチ補修をしておいた。
これで以降も問題なし。

それからバルブ自体も一度スポッと抜けることがあったけど、これも接着剤つけて戻しておいたらそれで以降は抜けることもなかった。
ふちに白く固まっているのが接着剤のはみだした跡。

累計400~500日使ったくらいで内部剥離。

中のウレタンは上面と下面をつなぎとめてエアが入っても平たく形状を維持してるわけだけど、それががちぎれて風船状になり、一か所起こるとエア圧かかって周囲にどんどん広がる。
エアマットの宿命で、こうなってしまったら寿命。どのマットも最終的にはこうなるんだろうと思うけど、本当によく持ってくれたなと、良いギアだったなと思います。

そこそこのお値段でちゃんと使えるので、一万円半ばとかするハイエンドまではいらないけど、でもちゃんとしたブランドのものが欲しい、なんて方だったらベストじゃないかなと思います。

それから、エアマット全般ですが、呼気を吹き込んで膨らます以上、湿気も含むし内部結露したりすることもあると思うので、たまには天日干ししたりメンテすることをお勧めします。