スポンサーリンク

2018/06/18 サマルカンド〜シャフリサブス

ウズベキスタン
スポンサーリンク

最初からはこちら


前の記事はこちら

サマルカンド〜シャフリサブス

353420AE-8F09-4EF3-A793-00CDB2994E85

2018/06/18 サマルカンド〜シャフリサブス

この日はやっとの本格的な走行日
約100km南のシャフリサブスまで行こうと思う
区間の中心にいきなり1650mタフタカラチャ峠があるけど、一日あればまぁなんとかなるだろう

IMG_3298
IMG_3300

この宿はサイクリストも多い
青年がクッソイケメン
昨日は彼に自転車屋ありそうなところとか色々教えてもらっていた
ここでも両替できないか聞いてみたがバンクオンリーとの返答
市内を出てしまうと機会がない可能性が高いので街を出る前に銀行で更に100ドル両替しておいた
というのもやけに金の減るのが早いと思ったからだけど、後から冷静に考えれば、電車のチケットとかタイヤとか買ってたからだと思う

IMG_3311
IMG_3324

市街を抜けると農耕地、正面に今日超えなければならない山脈が常に見えている状態
ゆるーい登り坂になりだす
それから路盤の質が思ってたほど良くない
結構粗かったりクラック入ってたり波打ってたり…
舗装率自体はは高いのだけど…

FullSizeRender

山道に入りだすと澄んだ水の綺麗な小川が流れている
子供たちが川遊びをしているのを何度か見かけた
こちらに気づくと大きく手を振ってくれる

IMG_3329
IMG_3332
IMG_3334

気温は40℃
めっちゃ暑いけどこの辺は湧き水や沢の水が豊富で水の入手は安易
しかもキンッキンに冷えてる
度々服とかベタベタにして走る

IMG_3336IMG_3338IMG_3337

ガードの下からおっさんが現れ、なにか野草を摘み取ってたらしく見せてくれた
それはチャイになるらしい
うちでチャイでも飲んでいかないか、と誘われるもまだ登りの途中だったので断わって進むことにした
なんにせよこの辺の人たちは穏やかな空気をまとっているように感じられてすごく気分がいい

IMG_3345
IMG_3344

やっと峠の頂上
少し開けていて露店が並んでいる
コーラを一本買うとこれも食いなよとスイカをくれたので少しだけ頂いて休憩
ここからは目的地のシャフリサブスまで下り基調

IMG_3348
FullSizeRender
IMG_3351
IMG_3355
IMG_3357

キタブという街を通過してシャフリサブスに到着

IMG_3361

市街地はゴタゴタしてたけど新道をつけているのかそういう道路は綺麗で走りやすい
見えてきたのがシャフリサブスの世界遺産アクサライ宮殿跡
たぶん宮殿の跡地がまるまる公園になっているっぽい

579E2CF1-8BC9-4377-B09F-0348011D28AC
IMG_3362

公園の中にあったホテル、アクサライ
一泊20ドル、Wi-Fi有り、朝食無し
だいたい宿のブッキングとかはしてなくてぶっつけで行ってるんだけど、行ったら20代前半の女性がフロントで気だるそうにサッカーを見ていた
あんまり客こないのかな?
あともらったWi-Fiのパスが長すぎて何度打ってもコレクトせず結局おねえやんに打ち込んでもらった

51C36B1E-7614-4CC8-9B27-5D754289F26D
8607F74C-AD92-40E2-BEF9-541D20A9A590
DDEA3872-4D28-445E-BC5F-9AD2C801ECD5
AD558573-B270-43E7-8A2D-861157375444
8E73CDE8-FD95-44AF-BFF1-889BE91CC5BE

宿の真ん前にあるのが本題のアクサライ宮殿跡
アムールティムール最大の建造物らしく現存しているのは宮殿のアーチ部分のみ
全盛期は相当規模だったことがうかがい知れる

D832A104-74E1-4149-BA21-D2BAD6F1B467
8E95D1D1-6777-45C5-9946-8003C75C9227

晩飯は公園の近くの食堂でラグマンという麺
食ってる最中に停電になってたりしてた

737274DC-52BD-4A60-AE08-D58329A4D67D

帰りの公園内でみつけた
管理用にコンクリートの蓋があるのかその上に人工芝ファサァアーって乗っけられててわろた
白いコンクリだと目立つから柴乗っけとこうよ!みたいなノリなのかな

IMG_5577

次の記事はこちら

コメント

  1. […] 最初からはこちら 気分はとってもジュンジュワァ〜(^p^)中央アジアサイクリング 計画https://junjuwaaa.net/archives/1071975365.html中央アジアサイクリング 計画いろいろあってだが、2018年5月末で退職することになった。まあ、人生はいろいろあるもんだと思う。日本で生活する以上、長い時間が取れることはそうそうないと思うのでこの機会で少し長めのサイクリングを行うことにした。期間は1ヶ月程… 前の記事はこちら 気分はとってもジュンジュワァ〜(^p^)2018/06/18 サマルカンド〜シャフリ… […]