2018/06/17 サマルカンドへ移動

ウズベキスタン
スポンサーリンク

最初からはこちら


前の記事はこちら
IMG_3183

2018/06/17 サマルカンドへ移動

宿で朝食をとってから駅まで移動
ウズベクの駅は日本と違い乗車券を持ってないと駅構内に入ることすらできない
しかもセキュリティチェックがありバッグを全てX線カメラでチェックしてから入ることになる
まんま国際線の飛行機乗る時みたいな感じ
ナイフとかも持ってるけどその辺は関係ないのかな?
乗り場とかわかんないけどチケットを見せるとみんな、アレだアレに乗れと教えてくれる
車掌さんらしき人も自転車を積み込むのを手伝ってくれた
英語は皆無だけどみんな親切

IMG_3185
IMG_3186
IMG_3187
IMG_3190
IMG_3189
IMG_3197

走り出すとコーラやらサモサやらを客室に売りにくる
サモサを2つで8000スム
中はひき肉とオニオンで、味はそこまでうまくもなかった

IMG_3199
IMG_3201

正午にサマルカンド到着
ここが今回の旅のスタート地点
観光都市サマルカンド

IMG_3203

駅から走り出して観光ポイントに向かう

IMG_3209

1つ目がシャーヒィズィンダ廟群
アムールティムールゆかりの人々の霊廟
つまり昔の偉い人たちのお墓

IMG_3211
IMG_3214
IMG_3216
IMG_3219
IMG_3219
FullSizeRender
IMG_3231
IMG_3234

まあ、とにかくサマルカンドブルーが美しい

IMG_3238

次に来たのがレギスタン広場
シルクロードの交差点、東西交易の中心地として栄えたところ
ここはまた夕方に来ようと思っていたので雰囲気だけみて撤収
すぐ近くの安宿へ

CB0AF456-99E4-4D71-9938-33C5A952882C

泊まったのはB&Bバハディール、一泊10ドル
必要なものを調達しにいく
昨日一日タシケントを走って、これタイヤ持たないだろ、とそんな気がしたのでタイヤとチューブ
それからキャンプ用にアルコールストーブの燃料となるアルコールを買いに行く

IMG_3255

タイヤとチューブはあっさり見つかった
パジケント通りに何店舗か自転車屋が並んでいる
ただ、シマノのコンポ等は全くないのでそのへんの補修パーツの入手は難しく期待できないと思う
それから売っているチューブも米式で仏式なんてものはない
アルコールは見つからなかったがウズベクではキャンプする予定は無くすぐ必要なわけでも無いのでまた探そうと思う。

IMG_3258

そこから帰り道に食堂で晩飯
別に不味くはないけど決してうまいわけでもない
中央アジアのメシってきっとそんなもんなんだと思う
夜8時ぐらいになってしまったが全然陽は沈まずでまた再度レギスタン広場


IMG_3264
IMG_3279
IMG_3289

夕日に照らされていたのがライトアップされ刻一刻と表情を変えていく
とても美しくてただぼーっと眺めていた
この日そんな感じ終わり
次の記事はこちら